ワーキングホリデーに行く前に必要なことが全て分かるWEBサイト
ワーキングホリデーの為の完全比較サイト TOP

当ホーキングホリデーサイトの詳細


こんにちは、私のHPを訪問してくださいありがとうございます。当サイトは、ワーキングホリデーのおすすめを探すための比較サイトです。
こちらのホームページでは、ワーキングホリデーのコンテンツの中で特に重要な手続き、キャリア、銀行口座の開設の話題を中心にして情報配信をしていきます。
特に手続き、キャリアの内容を知っておくと、ワーキングホリデーの申込の際に大変役立つと思います。

あと、滞在先、語学力、日本語サポートについてのテーマに関しても紹介いきたい思います。
これもまた、ワーキングホリデーを語る上ではとても重要かと思います。
 

ワーキングホリデーとは


ワーキングホリデーという言葉を一度は聞いたことがある人は、けっこう多いのではないでしょうか?
ワーキングホリデーには、日本国内だけにいたのでは、経験することができないものを得ることが出来る可能性が、大いにあります。
しかし、ワーキングホリデーに参加するには、事前にいろいろと知っておく必要があります。
また、ワーキングホリデーに対して、一見何か怖いことがあるように感じている方も、事前にしっかりと情報を集めておけば、とても安全であるということも理解でき、それまでにはない、新しい自分の価値観を見出せるという期待に変わる可能性もあるのです。 

ワーキングホリデー協定は、1980年12月に初めてオーストラリアと日本の間で始まりました。
30年前は、飛行機代は給料の6カ月分かかったのですが、現在では、飛行機代もかなり安くなり、インターネットの普及により、海外の情報もたくさん得ることができるようになり、渡航しやすくなりました。

また、ワーキングホリデーとは、海外旅行とは異なり長期滞在が許されるビザのことです。
そして、18歳から30歳の日本国民であるなら、日本とワーキングホリデー協定を結んでいる外国に1~2年の滞在許可が下りるのです。
その滞在期間においては、就学や旅行、そして就労と生活することが許されているとても貴重な制度となっているのです。
通常の観光は、許されていても同時に働くことは許されていません。また就学や留学時には、働くことはほとんど許されていませんから、滞在した現地において語学の勉強をしながら働いたり、働きながら旅行をしたりすることが出来るのは、ワーキングホリデービザだけなのです。


ワーキングホリデーの規則


ワーキングホリデービザというのは、ただ単にお金の為に働くというのではなく、海外の文化を体験するためにも、働くことができる大変価値の高いものといえます。

ワーキングホリデーは、18歳か30歳までなら、申請が可能となっています。
そのため、それまでの12年間のうちに11カ国の国にすべてに行くことができるのです。
ということは、オーストラリアやイギリスは、2年間滞在可能となっているので約13年間は、海外でワーキングホリデーを利用するという計画も立てられる、というわけなのです。


ワーキングホリデーの現状


ワーキングホリデー制度は、30年前にオーストラリアと始まりました。そして、5年後には、ニュージーランドと日本とで始まり、そしてその翌年にはカナダも始まったのです。

ワーキングホリデーは、若い人が利用するイメージが強いのですが、ワーキングホリデーを利用した人達の中には、現在政治家や企業のオーナーになっている人もいるようです。

現在のワーキングホリデーに参加する人の傾向は、リーマンショックの後に変更があったようです。
海外で働きスキルを付ける、TOEICで900点取る、さらには児童英語教師をとるため、海外で起業するといったような目的から、ワーキングホリデービザを利用する方が増えているようです。

リーマンショック前までは、ワーキングホリデーを利用する人の多くは、海外で住んでみたいというのが多かったようです。
そして、ワーキングホリデー終了後も、そのまま海外で学生ビザを延長して滞在して、就職するといったように、海外で活躍の場を求める方も多くなってきています。

そういう将来を考えている方に、ぜひお勧めしたいのが、始めは学生ビザを取得し1年間は語学を勉強して、語学が伸びた後にワーキングホリデービザを取得して、現地の人と同じ現場で同じように働き、海外での就職経験とスキルを身につけていく、という方法です。
そして、その後に日本や諸外国でそのスキルや経験を生かすという利用方法もあります。

特に外資系や海外では、経験があるかないかはその後に大きく影響があるようです。
ワーキングホリデーは、そういった強みがある最適なビザだと言えるでしょう。

 

ワーキングホリデーおすすめ5サイト

以下、ワーキングホリデーのおすすめサイトとなります。

Working Holiday Navi
Working Holiday Naviは株式会社アイ・ビー・アイが運営しているサイトです。
他社サイトと比べて国ごとの優秀なエージェントを紹介している、対応可能地域が広域である、ワーキングホリデーに必要な情報を提供しているなどのメリットを持っています。
URL:http://work.ingholiday.com/

国際コミュニケーションセンター
国際コミュニケーションセンターは他社サイトと比較して格安航空券の手配の場合でも対応してもらえる、万全なアフターケアとアフターサポートである、ワーキングホリデーに関する情報がある等々のメリットがあるのでおすすめです。
URL:http://www.icc2004.jp/index.html

SAT-AB
SAT-ABは株式会社サットにて運営されているホームページです。
SAT-ABは他WEBサイトと比べて対応地区が広い、携帯電話購入のアドバイスの場合であったとしても対応可能、日本語での生活オリエンテーションを実施している等々のメリットがあります。
URL:http://sat-ab.com/

Last Resort
Last Resortはラストリゾートにて運営されているワーキングホリデーのサイトです。
他サイトと比較して会員限定ラストリゾートクーポン券の配布のプランがある、ワーキングホリデーの情報が豊富である、会員専用ホームページがあるなどのメリットがあり非常に人気です。
URL:http://www.lastresort.co.jp/

ワーホリネット
ワーホリネットは社団法人 日本ワーキングホリデーネットワークが運営するHPとなります。
こちらの留学斡旋団体は他WEBサイトと比べて対応可能地域が広い、最新の情報を保持している、海外保険の手配であったとしても対応可能等々の特徴があるのでとても人気がある留学斡旋業者です。
URL:http://workingholiday-net.com/